【リャンコ・ヴェイノヴィッチ】対人に優れたセンターバックはイタリア行きが決定。

セルビア人の祖父を持ちブラジルで生まれ育ったというリャンコ・ヴォイノヴィッチ。

マンチェスター・ユナイテッドアトレティコ・マドリードも移籍先として上がっていたが、イタリア行きが既定路線のようだ。

東欧らしい体格とを武器に一対一の強さがあるセンターバックで、U-19はセルビア代表、U-20はブラジル代表に選ばれているらしい。

様々なビッグクラブの中からトリノをチョイスしたのは正解だと思う。

広告を非表示にする