【アマドゥ・ディアワラ】しなやかなボールキープを見せる若手ボランチ。

ギニアからイタリア3部のサンマリノへ渡り、ボローニャでの活躍を経て買い取り義務付きのローン契約でナポリへやってきたアマドゥ・ディアワラ。

トップチームでプレーしたのは1シーズンだけにもかかわらず、ユベントスチェルシーなどメガクラブも獲得に動いていたという逸材で、レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグでもフル出場している。

しなやかなボールキープとシンプルなパスさばきは、アフリカらしくないボランチという印象。

場数を踏めばピルロのようなゲームメイクを魅せるプレーヤーになるだろう。

バルセロナのアンカーでもやれるポテンシャルのある選手だと思う。

広告を非表示にする