【ダヨ・ウパメカノ】18歳の若手センターバックにビッグクラブからの誘いが殺到。

17歳でトップチームで出番を掴み、ビッグクラブが名乗りを上げる争奪戦からライプツィヒを移籍先に選んだダヨ・ウパメカノ。

老練なプレイにも見えるが、これでもまだ17歳というから伸びしろが計り知れない。

ぶつかり合いに負けない強い体や最後尾からのサイドチェンジはコロ・トゥーレのよう。

名だたるビッグクラブの中から、ブンデスリーガの新興チームであるライプツィヒをチョイスしたのは間違いではない。