読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【フィンセント・ヤンセン】トッテナムで苦しむオランダの点取り屋。

オランダの2部クラブからトップリーグのAZを経てプレミアリーグまで駆け上がってきたフィンセント・ヤンセン

エールディビジで得点王に輝いた点取り屋も、スパーズでは怪我の影響もありゴールを奪えずに苦しんでいる。

ウィングストライカーのような派手なアタッカーが多い中で、ペナルティーエリア内で体を張れるボックスストライカー。

一時はガラタサライへの移籍も噂されていたが、トッテナム残留を選んでいる。

今はハリー・ケインやフンソンミンに次ぐポジションかもしれないが、そのうち大爆発しそうな予感。

広告を非表示にする