【マルティン・ウーデゴール】ノルウェーの神童がオランダで挽回を狙う。

期待されてレアル・マドリードに引き抜かれたものの、トップチームではプレーする機会さえられずに、カスティージャでプレーしていたマルティン・ウーデゴール。

トップチームでのプレー機会を求めてローン移籍したオランダのヘーレンフェーンで大きな飛躍を狙う。

デビュー戦では後半ロスタイムのみの出場だったが、PSVとのゲームでは30分以上もプレー。

アンカーでバランスをとる小林祐希の一つ前でチャンスメークするポジション。

右サイドでライン際に縛られるよりも、中央で自由に動き回れるポジションのほうが適所だと思う。

広告を非表示にする