読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ビクター・モーゼス】コンテが覚醒させたウインガー。

チェルシーで右サイドハーフのポジションで起用されるようになったビクター・モーゼス。

もともとはスポードが売りのウインガーだったが、ポジションを一つ後ろに下げたことが転機となっている。

5バックになる守備ではディフェンスラインまで下がり、攻撃ではウイングとして高い位置まで駆け上がる。

本来の攻撃的な部分に加えて、守備面でも豊富な運動量と的確な機器察知で貢献している。

これまではレンタル移籍を繰り返していたが、コンテのハードワークサッカーで覚醒されたウインガーだ。

広告を非表示にする