【ユヌス・マリ】ドルトムントのオファーを断ったドイツのコウチーニョ。

ドイツ生まれのトルコ人プレイメイカーのユヌス・マリ。

ドイツの年代別代表にも選ばれていたというが、フル代表ではトルコを選択している。

かつてはフィジカル大国だったドイツも、今ではテクニカルな部分で活躍する選手が多く出てきた。

マインツのトップ下でゲームメイクする姿はリヴァプールコウチーニョと重なって見える。

昨シーズンの冬の移籍市場ではドルトムントが獲得へ動いていたが、今ではスペインとプレミアリーグのチームも興味を持っているという。

近い将来もっと大きなクラブへと飛躍する選手だ。

広告を非表示にする