【ヴィクトル・ツィガンコフ】1997年生まれのウクライナのギャレス・ベイル。

元サッカー選手の父親を持ち、ディナモキエフの下部組織で育てられたビクトル・ツィガンコフ。

1997年生まれのウインガーは、トップチームへ昇格するとチャンピオンズリーグへの出場も果たした。

本来は右サイドでのプレーを得意とする左利きのウインガーらしのだが、アンドリー・ヤルモレンコがいるため左サイドで起用されているようだ。

チャンピオンズリーグではナポリ戦で先発出場したほかにも、ベシクタシュ戦では途中出場からフリーキックを押し込んで初ゴールも決めている。

海外挑戦は時期尚早かもしれないが、右サイドからカットインするプレーを見てみたい。

広告を非表示にする