【ドリース・メルテンス】小柄な身体を最大限に活かしたナポリのクイックスター。

170センチに満たないアタッカーが、セリエAのディフェンスをキリキリ舞いさせている。

俊敏で柔らかさのあるプレーは小柄な身体が最大のメリット。

半歩かわしてからのシュートは身体の大きなアタッカーには真似のできないプレーだろう。

右サイドのカジェホンセンターフォワードとして覚醒したアレク・ミリクとの3トップはBBCやMSNにも劣らないトリオといえる。

ミリクの長期離脱は大きな痛手だが、チャンピオンズリーグでの躍進が楽しみだ。

広告を非表示にする