【マウロ・イカルディ】セリエAの点取り屋でもアルゼンチン代表には呼ばれない。

幼少期にアルゼンチンからヨーロッパに渡り、イタリアでプロデビューしたマウロ・イカルディ

セリエAで得点王にもなり、リーグを代表するストライカーとなったがアルゼンチン代表には縁がない。

今のアルゼンチン代表でポジションが重なるのはセルヒオ・アグエロゴンサロ・イグアインくらい。

私生活のスキャンダルが尾を引いているとも言われているが、欧州でプロデビューしたアルゼンチン人には厳し目なのかもしれない。

広告を非表示にする