【アルカディウシュ・ミリク】イグアインの代替としてナポリへ移籍。

UEFA EURO 2016 でレヴァンドフスキの相棒として活躍したアルカディウシュ・ミリク。

アヤックスでは 21 ゴールを上げながらもフランク・デ・ブールの信頼を得られなかったとあるが、何がお気に召さないのだろう。

ナポリでは、大型移籍が決まったイグアインの代役として活躍が期待される。

純粋な 9 番というよりも、少し引いた 1.5 列目のポジションが好きそうな感じ。

レヴァンドフスキとの 2 トップは適役だったのかも。

ウィングがワイドに開くアヤックスよりも、アタッカーが比較的近い距離に位置して速い攻撃をするナポリには適役かもしれない。

広告を非表示にする