【フランク・デ・ブール】セリエA 第1節 インテル vs キエーヴォ。

長友がフル出場したインテルの開幕戦。

フランク・デ・ブールが監督に就任してから日数が少ない中で、どのような試合運びをしてくるのか期待していたのだが。

4バックから3バックに変更したり、長友を左サイドから右サイドに変更したり、試行錯誤しているのは感じ取れたのだが状況は好転せず。

前半途中からアズーリがEUROで見せたような3-5-2の並びになったのだが、3バックの前のアンカーにガリー・メデルを置いては枚数が余計に余るだけ。

試合終盤には見事なミドルシュートを決められて万事休す。

エベル・バネガが自由にゲームメイクできるような組織づくりが急務だろう。

広告を非表示にする