【アレン・ハリロヴィッチ】公式戦デビューのハンブルクで初ゴール。

出場機会を求めてバルセロナからハンブルガーSVへ買い戻しオプション付きで完全移籍したアレン・ハリロヴィッチ。

ドイツのカップ戦 DFBポカールの1回戦で、ハンブルガーSVで公式戦初出場のクロアチアの至宝が苦しむチームを救う決勝ゴールを決めた。

3部のツヴィッカウを相手に決め手を欠くハンブルガーがハリロビッチを投入したのが後半17分。

相手陣内で奪ったボールをそのままドリブルで持ち込んで、丁寧にファーポストを狙ってゴールを決めた、まるでバイエルンロッベンのようなゴール。

その後、ドリブルで持ち込んだ同じようなシーンではニアサイドを低いシュートで狙っている。

身体をぶつけられた時の身のこなし方を覚えれば、ロッベン以上の印象を残すシーズンになりそうだ。

広告を非表示にする