【エルイェロ・エリア】オランダで輝きを取り戻したウィンガー。

2011 年に移籍したユベントスでチームプランの影響で出場機会を得られなかったことから下降線の経歴を進むことになったエルイェロ・エリア

ロッベンとウィングを争うかと思われた新星もいつの間にか 29 歳になった。

ブレーメンサウサンプトンを経てオランダリーグに戻ったことで、日本とのフレンドリーマッチでオランダ代表にデビューした時の衝撃を取り戻しつつある。

エールディビジの開幕戦でいきなりハットトリックを達成。

オランダは若手やベテランを問わず攻撃的な選手がプレーするには最適なリーグだと思う。

このままトップフォームを取り戻すことができれば、これから始まるロシアワールドカップ予選でも十分にオランダ代表の戦力として数えることができるだろう。

広告を非表示にする