【ベルトラン・トラオレ】今回のレンタル移籍はアヤックス。

2014 年にフランスからチェルシーにやってきたバートランド・トラオレ。

フィテッセへのローン移籍を経てチェルシーのトップチームで出場も果たしたが、アルカディウシュ・ミリクの抜けたアヤックスが、チェルシーからバートランド・トラオレをレンタル移籍で補強した。

エールディヴィジの第2節から早速出場。

チェルシーのトレーニングマッチではジエゴ・コスタやルーベン・ロフタス=チークと 2 トップ気味にプレーすることもあったが 9 番のポジションで起用されているみたい。

まだアヤックスのスタイルに馴染んでいない様子だが、フィテッセでプレーしていたこともあるので、そこまで時間はかからないだろう。

若手アタッカー育成の場としてオランダでのプレーは最適だと思う。

チェルシーで途中出場を重ねるよりも賢明な判断。

広告を非表示にする