読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ルイ・パトリシオ】決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチを与えても良かったのではないか。

スペインやドイツのように本命には挙げられない、イタリアのように前評判をひっくり返すようなサプライズもない。

グループリーグに至っては 3 分けでギリギリ突破。

決勝トーナメントが始まった段階で、優勝は無いだろうと思っていたポルトガルが勝ち切れないチームのまま初優勝を果たした。

公式記録の通り延長戦を引き分けとして捉えるならば、1 勝 6 分で優勝したことになる。

勝てはしないが負けもしない。

こんなチームはキーパーが一番讃えられるべきだ。

グループリーグの 4 失点はいただけないが、決勝トーナメントに限ればポーランドレヴァンドフスキに取られた 1 失点のみ。

決勝戦でもグリーズマンのヘディングやシソコの反転シュートを止めるなど大活躍。

こんなゴールキーパーがいるチームは強い。

広告を非表示にする