【マーカス・ラッシュフォード】ユナイテッドのワンダーボーイが EURO デビュー。

初出場のアイスランドに歴史的勝利をプレゼントしたイングランド

国内には世界最高峰のプレミアリーグがありながら、個人の力を組織力で抑えこまれる多民族チームの悪循環から抜け出せない。

そんな中でも 18 歳のワンダーボーイは爪痕を残そうと必死にプレーしていた。

1998 ワールドカップでオーウェンがブレイクしたのが 18 歳。

EURO 2004 でルーニーが活躍したのが 19 歳。

相手がべったり引いた終了間際に投入されても難しい。

ロイ・ホジソンにラッシュフォードを早い段階で起用する勇気があれば、ブレイクしたのはレナト・サンチェスではなかったかもしれない。