【ファビオ・カンナヴァーロ】身長の大きくないストッパーがレジェンドになった瞬間。

2000 年代以降でバロンドールを受賞した唯一のディフェンダーファビオ・カンナヴァーロ

特に ドイツワールドカップでのディフェンスは神がかっていた。

せり合いでは跳ね返し、くさびが入ればパスカットする。

2006 年大会でカンナバーロが抜かれたイメージは全く残っていない。

広告を非表示にする