【クリスティアン・パヌッチ】カペッロには寵愛されたユーティリティディフェンダー。

移籍する先々でチームメイトや監督と問題を起こし、チームを転々とすることが多かったクリスティアン・パヌッチ

ディフェンスラインならどこでもプレーすることができて、セットプレーでの得点もある能力の高い選手だった。

リッピやサッキとも水が合わなかったようで、イタリア代表にも呼ばれたり呼ばれなかったり。

どんな激しいプレーでも乱れることのない、こだわりの強い髪型が嫌がられたのだろうか。

広告を非表示にする