【UEFA EURO 2016】ポルトガルの 18 歳がマン・オブ・ザ・マッチ。

ラウンド 16 で延長の末にクロアチアを下したポルトガル

マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのは、後半の立ち上がりに投入されたレナト・サンチェス。

モドリッチやスルナにも猛然と身体をぶつけ、延長戦では試合を決めるカウンターの起点となった。

新シーズンから加入するバイエルンでは、ビダルと良いコンビになりそう。

グループリーグから試行錯誤の続くポルトガルだからこそ、いろんな選手を使いやすい状況がある。

それとは対照的にチームとして完成度の高いクロアチアは、モドリッチコバチッチを上回るザグレブの最高傑作と言われている 19 歳のアンテ・チョリッチが出場なしのまま EURO を終えた。

広告を非表示にする