【ハビエル・サビオラ】パワーストライカー全盛の時代を行きた小柄なストライカー。

10 代でアルゼンチンリーグの得点王になり、ワールドユースでは得点王と MVP にもなったハビエル・サビオラ

クライファートファン・ニステルローイといったパワーストライカー全盛の時代を生き抜いた小さな点取り屋。

ディフェンスに身体を当てることさえさせない、シュートまでのスピード感。

プレースタイルとしてはオーウェンとかと近いのかも。