【EURO 名勝負】EURO2000 semi-final Italy - Netherlands イタリアのカテナチオは PK も通さない。

開催国のオランダが準決勝でイタリアを迎えた EURO2000 の準決勝。

準々決勝でピクシー率いるユーゴスラビアを相手に大勝したオランダが有利かと思いきや、本気になったイタリアのカテナチオは PK さえも決めさせない。

前半でザンブロッタが退場になり数的不利な戦いをしいられるなか、前半と後半それぞれで美妙な判定から PK を取られ、幾度と無くピンチを迎えるもゴールを許さない。

結果的にフランク・デ・ブールは試合を通して PK を 2 回外し、トッティファン・デル・サールを相手にチップキックを決めるヤンチャっぷり。

デル・ピエーロが中盤でプレーしたり、カンナバーロが右サイドバックでプレーしたり、困難な状況でこそ団結するのがアズーリらしいところ。

広告を非表示にする