【アーダーム・ボグダーン】ミスの許されないゴールキーパーの苦悩。

ボルトンで長く正ゴールキーパーを努め、リヴァプールにやってきたアダム・ボグダン。

ようやく掴んだスタメンの機会が、たった一度のミスでフイにしてしまう。

鋭い反射神経でシュートをストップするのが特徴の好選手も、一度リズムが狂うとズルズルと。

攻撃の選手ならパスミスやシュートミスなんて、よくあることなのに、失敗のできないポジションの難しさ。