【ミケル・アルテタ】プレミアリーグを代表する名パサーもスペイン代表には選ばれなかった。

バルセロナの下部組織から数チームを経てエヴァートンで活躍したミケル・アルテタ

その後、移籍したアーセナルではキャプテンマークを任されることもあり、プレミアリーグでは大活躍しているのに、なぜかスペイン代表には呼ばれない。

アンカーとしてバランスを取って、ピンチの芽を摘み、パスを散らす。

ボランチとしてポジションの重なるシャビ・アロンソとは幼なじみみたい。

広告を非表示にする