【セオ・ウォルコット】26 歳にしてアーセナル在籍 10 年目のスピードスター。

16 歳でプロデビューして、すぐにアーセナルに引きぬかれ、若手殺しのアーセナルで、そのまま主力として定着した数少ないパターン。

怪我がちなのはスピードスターの宿命なのか。

ここ数年はシーズン通してプレーしていた印象は全くしない。

サイドに比べて上下動の少ないセンターフォワードでプレーするのであれば、息の長い選手として続けられると思う。

広告を非表示にする