【田中亜土夢】豪快なミドルシュートで HJK ヘルシンキを救う 2016 シーズン初ゴール。

フィンランドの ヴェイッカウスリーガ は春秋制の 4 月開幕なので、リーグ開幕前のカップ戦のような試合。

0 - 1 で劣勢の中、チームを救ったのは背番号 10 のミドルシュート

うまい具合に身体を当ててボールを残して、一度フェイクを入れてから、力みすぎずに抑えたシュート。

力みすぎて、ドカーンといったり引っ掛けたりってパターンが思い浮かぶけど、いいイメージでプレー出来ている。

カップ戦らしいのですが、北欧のフィンランドでは公式戦も室内で執り行うのですね。

広告を非表示にする