【ナチョ・フェルナンデス】パリ・サンジェルマンを相手にラッキゴールでとどめを刺す。

チャンピオンズリーグレアル・マドリード vs パリ・サンジェルマン

PSG が優勢に試合を進めつつも、ゴールキーパーのミスから招いたラッキゴールを決めたのは生え抜きのバックアッパー。

スペイン代表にも選ばれる選手でありながらレアル・マドリードでは控えのユーティリティな位置づけ。

この試合ではマルセロの負傷により、急遽前半途中からの出場だった。

際どいシュートが飛び交う中で、こんなゴールが試合を決めた。

サッカーはこんなもんだ。

広告を非表示にする