【オーフェルマルス】怪我に泣かされたスピードスター

アヤックスの左ウィングといえばオーフェルマルス

特に 1995 年のアヤックスは最強布陣だった。

オーフェルマルスが左サイドで仕掛けて、真ん中にはクライファートとリトマネン。

バルセロナに移籍して以降はケガに泣かされ続けた。

スピードスターは早熟性が多い。

広告を非表示にする