東欧のマラドーナ ゲオルゲ・ハジ。

ハジといえば、アメリカワールドカップの時の印象が強い。

パスもシュートもドリブルも、どれをとっても一級品。

トップ下とかポジションに関係なく、自由に動き回る 10 番。

トップスピードでのプレーの質が、同じ左足の本田との大きな違い。

広告を非表示にする