これぞ東欧のブラジルと言われた旧ユーゴスラビアのストライカー像。

ユーゴスラビアといえば、ストイコビッチサビチェビッチのようなテクニシャンのイメージが強い。

しかし、どのの時代でもシューケルやボクシッチ、コバチェビッチミロシェビッチみたいな体格のあるボックスストライカーがいるからこそ光るとも言える。

現代ではジェコとかマンジュキッチもこの流れ。

ユーゴスラビア分裂後の新世代でもその流れは変わらない。

====

ベルギーでプレーするアレクサンダル・ミトロヴィッチ。

体格が良くてボックス内で勝負の出来るストライカー。

プレミアのクラブが獲得を狙っているという記事もみかけます。

広告を非表示にする