読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マルティン・ウーデゴール】ノルウェーの神童がオランダで挽回を狙う。

期待されてレアル・マドリードに引き抜かれたものの、トップチームではプレーする機会さえられずに、カスティージャでプレーしていたマルティン・ウーデゴール。 トップチームでのプレー機会を求めてローン移籍したオランダのヘーレンフェーンで大きな飛躍を…

【ガブリエル・ジェズス】ブラジルの秘密兵器がついにベールを脱いだ。

ブラジルリーグが終了してマンチェスター・シティへ合流したガブリエル・ジェズス。 加入から数日と経たないうちにプレミアデビューがやってきた。

【マルコ・ピアツァ】絶対王者ユベントスのスーパーサブ。

クロアチア史上最高額の移籍金でディナモ・ザグレブからユベントスへ移籍したマルコ・ピャツァ。 負傷により離脱していた期間もあったが、大物ストライカーが並ぶユベントスでスーパーサブとして起用されている。

【アレン・ハリロヴィッチ】伸び悩む神童がスペインへ舞い戻る。

バルセロナからハンブルガーSVへ移籍していたアレン・ハリロヴィッチ。 ドイツでも継続した出場機会を得ることができず、今度はスペインのラス・パルマスへローン移籍することになった。

【レオン・ベイリー】ジャマイカ産のダイヤの原石。

若くしてヨーロッパにやってきたレオン・ベイリー。 スロバキアへの移籍を経てヘンクへ戻ると、18歳でプロデビューを果たしベルギー年間最優秀若手選手賞を受賞している逸材だ。

【トマ・レマル】ビッグクラブが注目しているカリブの新星。

SMカーンの下部組織出身で2015-2016シーズンからモナコでプレーしているトマ・レマールにビッグクラブが熱い眼差しを送っている。

【イニャキ・ウィリアムズ】アスレティック・ビルバオでプレーする黒人選手。

バスク出身選手に限るという縛りのあるアスレティック・ビルバオで、バスクで生まれ育った移民のことしてプレーしているイニャキ・ウィリアムス。 ビルバオのスピードスターにビッグクラブも注目している。

【ファビーニョ】大型サイドバックの市場価格上昇が止まらない。

ポルトガルからレアル・マドリードへの期限付き移籍を経てモナコで主力に定着し、コパ・アメリカのブラジル代表にまで選ばれたファビーニョ。 高身長で的確なポジショニングと、タイミングの良いオーバーラップが特徴的なサイドバックだったが、ボランチで起…

【グリゴリス・カスタノス】キプロスのメッシがペスカーラへローン移籍。

16歳でキプロスからユベントスのプリマベーラへ移ってきたグリゴリス・カスタノス。 左利きでテクニックにあふれるキプロスのメッシがペスカーラへ期限付き移籍することが決まった。

【マルロン・サントス】バルセロナがチアゴ・シウバ2世を買い取りへ。

ブラジルのフルミネンセからバルセロナへローン移籍中のマーロン・サントス。 ブラジルではチアゴ・シウバ2世と言われているらしい。

【アンドレ・シウヴァ】高額な移籍金が設定されたポルトガルの超新星。

ストライカー不毛の地のポルトガルに大型超新星が現れた。 現在21歳のアンドレ・シウバはFCポルトのBチームで実績を残すと、2015-2016シーズンにはトップチームに昇格してそのままスタメンに定着した逸材。 クラブでは今シーズンから10番を背負い、新たな複…

【ヴァンサン・コジエッロ】ビッグクラブの関心を集めるニースの若手。

ニースのユースからトップチームへと上がると、2015-2016シーズンには主力へと定着したヴァンサン・コジエロ。 U-21フランス代表のプレーメーカーをミランやアーセナルなどのビッグクラブが狙っているらしい。

【オリヴァー・バーク】スコットランドの19歳がNextベイルだと話題。

19歳でイングランド2部からドイツへ渡ったオリバー・バーク。 プレミアリーグの上位チームの関心をよそに、移籍先として選んだのはブンデスリーガに昇格したばかりのRBライプツィヒ。

【クルト・ズマ】約1年ぶりのトップチーム出場。

2015年にはチェルシーで最優秀新人賞を受賞したクル・ズマ。 右膝が逆に曲がった大怪我からやがて1年になろうというところでFAカップが復帰戦となった。

【コランタン・トリッソ】生え抜きの22歳が強豪リヨンの攻撃を指揮する。

リヨンの下部組織からトップチームに昇格し、主力として定着したコランタン・トリッソ。 中盤の底から長短織り交ぜた精度の高いパスは一級品だ。

【ジオヴァニ・ロ・チェルソ】PSGに合流したNEWディ・マリアはどこで起用されるのか。

多くのビッグクラブが獲得に興味を持っていたというジョバニ・ロ・セルソ。 パリ・サンジェルマンへの移籍が決まり、古巣のロサリオ・セントラルへの半年のレンタルを経てついに合流した。

【ジブリル・シディベ】アーセナル行きはまだか。

攻撃的なサイドバックとしてEURO2016ではフランス代表の予備登録メンバーに選ばれていたジブリル・シディベ。 アーセナルも獲得に乗り出していたと言われていたが、今年の夏に移籍先として選んだのはモナコだった。

【マルティン・ウーデゴール】ノルウェーの神童がオランダへ。

2015年1月に16歳でレアル・マドリードへ加入したものの、スター軍団のクラブではトップチームでの出場機会さえ得られずにレンタル移籍先を探していたマルティン・ウーデゴール。 これまでの情報ではフランスへのローン移籍決定的と見られていたが、一転オラ…

【リーシェドリー・バズール】アヤックスの怪物がヴォルフスブルクへ。

PSVのユースからアヤックスのユースへと移籍するという稀な経歴をもっているリーシェトリー・バズール。 そのままトップチームへ定着しオランダ代表へも選出されたが、2016-2017シーズンは監督との折り合いが悪く構想から外されていた。 イングランドやイタ…

【ロケ・メサ】ラス・パルマスの頭脳。

例年通りの降格候補から一転して中位争いをしているラス・パルマス。 下位クラブで下積みを積んだロケ・メサがラス・パルマス躍進の指揮を執る。

【クインシー・プロメス】ロシアで名を挙げたアタッカーが移籍マーケットの注目の的。

アヤックスのアカデミー出身でトゥウェンテでプロデビューしたクインシー・プロメス。 2014年からプレーしているスパルタク・モスクワでもゴール量産中でプレミアリーグから引く手あまたの様子。

【マルテン・デ・ローン】新たなる中盤の掃除人。

オランダからアタランタへ渡り、ミドルスブラへと引き抜かれたマルテン・デ・ローンの評価がうなぎ登りだ。

【マルテン・デ・ローン】新たなる中盤の掃除人。

オランダからアタランタへ渡り、ミドルスブラへと引き抜かれたマルテン・デ・ローンの評価がうなぎ登りだ。

【ボルハ・バストン】昨シーズンはリーガで2ケタ得点を決めるもプレミアリーグで苦戦中。

アトレティコ・マドリードの下部組織出身で、リーガ・エスパニョーラの2部チームをローン移籍で転々としていたボルハ・バストン。 クラブ最高額の移籍金でスウォンジーへやってきたが、負傷で出遅れた上に監督交代の迷走に巻き込まれて、うまくいっていると…

【ボルハ・バストン】昨シーズンはリーガで2ケタ得点を決めるもプレミアリーグで苦戦中。

アトレティコ・マドリードの下部組織出身で、リーガ・エスパニョーラの2部チームをローン移籍で転々としていたボルハ・バストン。 クラブ最高額の移籍金でスウォンジーへやってきたが、負傷で出遅れた上に監督交代の迷走に巻き込まれて、うまくいっていると…

【マイケル・キャリック】ベテランがチームを負けさせない。

モウリーニョ体制となったシーズン序盤は出番が得られなかったものの、11月から出場機会を増やしてきたマイケル・キャリック。 ダブルボランチで安定しなかったチームに、ベテランのゲームメイカーが加わったことでゲームが安定する。

【マイケル・キャリック】ベテランがチームを負けさせない。

モウリーニョ体制となったシーズン序盤は出番が得られなかったものの、11月から出場機会を増やしてきたマイケル・キャリック。 ダブルボランチで安定しなかったチームに、ベテランのゲームメイカーが加わったことでゲームが安定する。

【フェデリコ・キエーザ】ヨーロッパリーグで初ゴール。

開幕戦でトップチームにデビューしたばかりのキエーザ2世が、ヨーロッパリーグで初ゴールを決めた。

【フェデリコ・キエーザ】ヨーロッパリーグで初ゴール。

開幕戦でトップチームにデビューしたばかりのキエーザ2世が、ヨーロッパリーグで初ゴールを決めた。

【ガビゴル】ようやく出番が回ってきた。

9月の第6節で途中出場でイタリアデビューしてから約3ヶ月。 ガブリエウ・バルボサに2度目の出場機会が回ってきた。

【ガビゴル】ようやく出番が回ってきた。

9月の第6節で途中出場でイタリアデビューしてから約3ヶ月。 ガブリエウ・バルボサに2度目の出場機会が回ってきた。

【マッティア・カルダーラ】アタランタの有望株がユベントス移籍へ。

若手選手の育成に定評のあるアタランタから有望株がビッグクラブへ移籍することになった。 U-21イタリア代表にも選ばれているマッティア・カルダラのユベントス入が決定的らしい。

【マッティア・カルダーラ】アタランタの有望株がユベントス移籍へ。

若手選手の育成に定評のあるアタランタから有望株がビッグクラブへ移籍することになった。 U-21イタリア代表にも選ばれているマッティア・カルダラのユベントス入が決定的らしい。

【リッカルド・オルソリーニ】ブレイク間近のイタリアのロッベン。

アスコリのアカデミーから今シーズントップチームにデビューしたばかりのリッカルド・オルソリーニ。 1997年生まれのアタッカーが冬のマーケットで注目を集めている。

【リッカルド・オルソリーニ】ブレイク間近のイタリアのロッベン。

アスコリのアカデミーから今シーズントップチームにデビューしたばかりのリッカルド・オルソリーニ。 1997年生まれのアタッカーが冬のマーケットで注目を集めている。

【ロドリゴ・ベンタンクール】ヨーロッパ上陸の日が迫る。

カルロス・テベスがボカ・ジュニアーズへ移籍した際に、付帯条項として獲得優先権をユベントスが取得していたロドリゴ・ベンタンクール。 ユベントスが優先権の行使に動いているようで、来シーズンはイタリアにやってくることになるかもしれない。

【ロドリゴ・ベンタンクール】ヨーロッパ上陸の日が迫る。

カルロス・テベスがボカ・ジュニアーズへ移籍した際に、付帯条項として獲得優先権をユベントスが取得していたロドリゴ・ベンタンクール。 ユベントスが優先権の行使に動いているようで、来シーズンはイタリアにやってくることになるかもしれない。

【アラン】イギリスの労働許可証問題でローン移籍を繰り返す。

2015年にブラジルからリヴァプールへ加入したアラン・ロドリゲス。 移籍後すぐにフィンランドへローン移籍したのを皮切りにベルギー、ドイツとレンタル移籍を繰り返している。

【アラン】イギリスの労働許可証問題でローン移籍を繰り返す。

2015年にブラジルからリヴァプールへ加入したアラン・ロドリゲス。 移籍後すぐにフィンランドへローン移籍したのを皮切りにベルギー、ドイツとレンタル移籍を繰り返している。

【ジェイミー・ヴァーディ】エースの不発。

イングランドの下位リーグを転々としてトップリーグに上り詰め、昨シーズンはプレミアリーグ制覇とイングランド代表入りを果たすなど時の人となったジェイミー・ヴァーディ。 昨年はリーグ戦で11試合連続得点を決めるなど、チーム躍進を牽引する存在だったが…

【ジェイミー・ヴァーディ】エースの不発。

イングランドの下位リーグを転々としてトップリーグに上り詰め、昨シーズンはプレミアリーグ制覇とイングランド代表入りを果たすなど時の人となったジェイミー・ヴァーディ。 昨年はリーグ戦で11試合連続得点を決めるなど、チーム躍進を牽引する存在だったが…

【オヴィ・エジャリア】ナイジェリアのポグバがトップチームにデビュー。

ナイジェリア人の両親のもとにロンドンで生まれたオビエ・エジャリア。 アーセナルのアカデミーからリヴァプールのアカデミーに移った逸材がついにプレミアリーグ出場を果たした。

【オヴィ・エジャリア】ナイジェリアのポグバがトップチームにデビュー。

ナイジェリア人の両親のもとにロンドンで生まれたオビエ・エジャリア。 アーセナルのアカデミーからリヴァプールのアカデミーに移った逸材がついにプレミアリーグ出場を果たした。

【セルジ・ダルデル】スペイン人の司令塔がフランスで大活躍。

エスパニョールの下部組織からマラガに移籍すると開幕スタメンに抜擢されてチームの主力として定着していたセルジ・ダルデル。 2015年に引き抜かれたリヨンでもスタメン起用され続けている。

【セルジ・ダルデル】スペイン人の司令塔がフランスで大活躍。

エスパニョールの下部組織からマラガに移籍すると開幕スタメンに抜擢されてチームの主力として定着していたセルジ・ダルデル。 2015年に引き抜かれたリヨンでもスタメン起用され続けている。

【マフムド・ダフード】シリア人で初めてのブンデスリーガプレイヤー。

シリア生まれドイツ育ちのマフムド・ダフード。 2014年にトップチームで初出場すると2015-2016シーズンには主力として多くのスタメン出場を掴み、20歳ながらもビッグクラブへの移籍話も出てきている。

【マフムド・ダフード】シリア人で初めてのブンデスリーガプレイヤー。

シリア生まれドイツ育ちのマフムド・ダフード。 2014年にトップチームで初出場すると2015-2016シーズンには主力として多くのスタメン出場を掴み、20歳ながらもビッグクラブへの移籍話も出てきている。

【大久保嘉人】衝撃のスペインデビュー。

高校サッカーからJリーグ、日本代表ではオリンピックにも出場していた大久保嘉人が2004年に掴んだスペイン挑戦。 年明け早々のデビュー戦では早速ゴールを決め、日本人でもスペインやれることを見せつけた。

【大久保嘉人】衝撃のスペインデビュー。

高校サッカーからJリーグ、日本代表ではオリンピックにも出場していた大久保嘉人が2004年に掴んだスペイン挑戦。 年明け早々のデビュー戦では早速ゴールを決め、日本人でもスペインやれることを見せつけた。

【ビクター・モーゼス】コンテが覚醒させたウインガー。

チェルシーで右サイドハーフのポジションで起用されるようになったビクター・モーゼス。 もともとはスポードが売りのウインガーだったが、ポジションを一つ後ろに下げたことが転機となっている。