読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ワルテル・モントーヤ】清武を日本に帰したハードなセンターハーフ。

【ワルテル・モントーヤ】清武を日本に帰したハードなセンターハーフ。 外国人枠の問題で清武を押し出すようにセビージャにやってきたワルテル・モントヤ。 中盤を精力的に駆け回るマルチロールなセンターハーフだ。 このゲームでは右サイドでプレーしている…

【マノロ・ガッビアディーニ】イタリアンストライカーがイングランドに上陸。

スタメン争いが激しいナポリから、出場機会を求めてサウサンプトンへ移籍してきたマノロ・ガッビアディーニ。 サッカースタイルの違いなのか、イタリア人選手がプレミアリーグで苦戦する印象が強いがガッビアディーニは前例を覆しそうだ。

【ダヴィド・ネレス】サンパウロの逸材がアヤックスへ移籍。

サンパウロのアカデミーからプロデビューした逸材で、U-20ブラジル代表のダビド・ネレスがアヤックスで活躍中だ。

【オマール・エル・カドゥーリ】出場機会を求めてエンポリへ移籍。

ベルギーに生まれ、イタリアで長くプレーしてきたオマル・エル・カドゥーリ。 デビュー時から期待されていた逸材も今季のナポリでは出場機会が少なく、エンポリに逃れることに。

【レオナルド・パヴォレッティ】遅咲きのストライカーがナポリに加入。

2016年夏に絶対的エースのイグアインをユベントスに引き抜かれ、アヤックスから獲得したアレク・ミリクがその穴を埋める活躍を見せたものの怪我で離脱。 本来はウィンガーであるメルテンスを中央で起用して乗り切ったものの、イタリア代表のガッビアディーニ…

【レアンドリーニョ】南米ユースカップで活躍したスター候補。

2004年の破産による3部リーグへの降格から、セリエAの上位争いやチャンピオンズリーグでは決勝トーナメントに進出するまで復興したSSCナポリ。 ハムシークやカジェホン、アレク・ミリクなど粒ぞろいのメンバーが揃うチームに未来のスター候補が加入した。

【ラシナ・トラオレ】現代屈指のタワーストライカーがスペインへ。

ルーマニアやロシアで活躍して2014年にモナコへやってきたラシナ・トラオレ。 フランスでは目立った活躍が残せずにエヴァートンやCSKAモスクワとレンタル移籍を繰り返していたが、2017年からリーグ最長身選手としてスポルティング・ヒホンへ移籍することにな…

【フランコ・アントヌッチ】モナコがベルギーのニュースターをを青田買い。

アヤックスのアカデミーからモナコへ引き抜かれたフランチェスコ・アントヌッチ。 アンデルレヒトのアカデミーからアヤックスへ移り、トップチームでプレーしないままモナコへ移籍してきた超逸材だ。

【フィリップ・ジュリチッチ】伸び悩む東欧の至宝。

ヘーレンフェーンでプレーしていた頃は名だたるビッグクラブから熱い視線を集めていたフィリップ・ジュリチッチ。 ベンフィカへ移籍後はスタメンに定着できずレンタル移籍を繰り返していたが、サンプドリアへのローンは完全移籍に切り替えられたようだ。

【ギジェルモ・セリス】コロンビアの働き者。

シーズン開幕時に加入したベンフィカからヴィトーリアへローン移籍したギリェルモ・セリス。 移籍後は中盤のスタメンに抜擢されている。

【リャンコ・ヴェイノヴィッチ】対人に優れたセンターバックはイタリア行きが決定。

セルビア人の祖父を持ちブラジルで生まれ育ったというリャンコ・ヴォイノヴィッチ。 マンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリードも移籍先として上がっていたが、イタリア行きが既定路線のようだ。

【トマス・リンコン】名門ユベントスで初めてのベネズエラ人選手。

セリエA6連覇に加えてチャンピオンズリーグも狙うユベントスが計算のできるボランチを獲得した。 トマス・リンコンはベネズエラ人として初めてブンデスリーガへ渡ると、ハンブルガーとその後移籍するトリノでも活躍したファイタータイプのボランチで、ベネズ…

【フィリッポ・ロマーニャ】イタリア期待のセンターバックがレンタル移籍で研鑽をを積む。

ユベントスのプリマヴェーラ出身でU-19イタリア代表でもキャプテンを努めたフィリッポ・ロマーニャ。 主力としてプレーしているセンターバックのメンバーが高齢化しつつあるユベントスで、将来を任せられる期待のセンターバックだ。

【ウィルフレッド・ディディ】ナイジェリアの大きな未来。

ゲンクでの活躍を経て、カンテの抜けたレスターに引き抜かれたウィルフレッド・ヌディディ。 長い足でボールを絡め取るディフェンスは降格争いをするレスターを救う存在になるかもしれない。

【フィリペ・アウグスト】テクニカルなゲームメイカーはベンフィカで花開くか。

【フィリペ・アウグスト】テクニカルなゲームメイカーはベンフィカで花開くか。

【ゴンサロ・ゲデス】ポルトガルの逸材がメガクラブへ移籍。

【ゴンサロ・ゲデス】ポルトガルの逸材がメガクラブへ移籍。

【エルデル・コスタ】ビッグクラブが2部で活躍するウィンガーに触手を伸ばす。

【エルデル・コスタ】ビッグクラブが2部で活躍するウィンガーに触手を伸ばす。

【ハキム・マストゥール】ミランの神童がアヤックス戦に出場。

【ハキム・マストゥール】ミランの神童がアヤックス戦に出場。

【アマドゥ・ディアワラ】しなやかなボールキープを見せる若手ボランチ。

【アマドゥ・ディアワラ】しなやかなボールキープを見せる若手ボランチ。

【ミロト・ラシカ】突破力抜群!!!コソボのホアキン。

【ミロト・ラシカ】突破力抜群!!!コソボのホアキン。

【アレクサンドル・ゴロビン】ロシアワールドカップの目玉選手。

【アレクサンドル・ゴロビン】ロシアワールドカップの目玉選手。

【キーラン・ティアニー】ピンポイントクロスが武器のクロッサー。

【キーラン・ティアニー】ピンポイントクロスが武器のクロッサー。

【リース・オックスフォード】イングランド期待の next ファーディナンド。

16歳でトップチームにデビューし、UEFA U-17ではイングランド代表のキャプテンを努めたリース・オックスフォード。 同じくウェストハムの下部組織出身であるリー・ファーディナンドと比較されるほどの逸材だ。

【ジョナタン・イコネ】パリの新しいスター候補がモンペリエにローン移籍。

トップチームにデビューしないままユベントスへの移籍がとりだたされていたジョナサン・イコネ。 結局はパリ・サンジェルマンとプロ契約を結び、パリ残留を選んだウィンガーがモンペリエへレンタル移籍することになった。

【キリアン・ムバッペ】アンリ2世にプレミアリーグから熱視線。

2015年12月にトップチームにデビューすると、2016-2017シーズンにはメガクラブへの移籍話が聞こえるまでになったキリアン・ムバッペ。 リーグ・アンではハットトリックも記録し、18歳にして2桁ゴールを超えている。

【マラン・サール】トップチームにデビューしたばかりのルーキーがスタメンに定着。

ニースの下部組織からトップチームに昇格し、1年目でレギュラーとしてプレーしているマラン・サール。 デビューしたばかりの選手にビッグクラブからの熱視線が注がれている。

【リュカ・トゥザール】リヨンにやってきた中盤の掃除人。

UEFA EURO U-19でフランス代表のキャプテンとして優勝に貢献したリュカ・トゥザール。 フランス人らしい身体の強さと豊富な運動量で中盤を支える若きダイナモだ。

【ダヨ・ウパメカノ】18歳の若手センターバックにビッグクラブからの誘いが殺到。

17歳でトップチームで出番を掴み、ビッグクラブが名乗りを上げる争奪戦からライプツィヒを移籍先に選んだダヨ・ウパメカノ。

【ベンヤミン・ヘンリヒス】ラームの後継者になりうる逸材。

レヴァークーゼンの下部組織出身で、各アンダー年代のドイツ代表にも選ばれてきたエリートのベンヤミン・ヘンリヒス。 ドイツ代表デビューしたばかりのスター候補は、今シーズンで引退するラームの後継者にぴったりかもしれない。

【ペドロ・ペレイラ】下部組織出身の若手をベンフィカが買い戻す。

2015年の夏にベンフィカの下部組織からサンプドリアに引き抜かれ、17歳でセリエAデビューしたペドロ・ペレイラ。 年代別のポルトガル代表にも選ばれている若手サイドバックがベンフィカに戻ることになった。

【ニクラス・ジューレ】大型センターバックのバイエルン行きが決定。

リオデジャネイロオリンピックではドイツ代表として準優勝に貢献したニクラス・ジューレ。 21歳ですでに100試合近く出場している超大型センターバックをバイエルン・ミュンヘンが獲得した。

【マルセロ・エルメス】ベンフィカの安物買いは当たるのか。

グレミオの契約更新をけって、ベンフィカにやってきたマルセオ・エルメス。 若手を拾って大金で放出するベンフィカにとって掘り出し物となるかどうか。

【サウール・ニゲス】スペイン新世代の万能型ミッドフィルダー。

アトレティコ・マドリードですっかり主力として定着したサウール・ニゲス。 アトレティコの選手らしく身体の強さが光るミッドフィルダーでスペイン人ならではの足元も上手い。 さらにはセンターハーフだけでなくサイドやセカンドトップとしてプレーすること…

【フィンセント・ヤンセン】トッテナムで苦しむオランダの点取り屋。

オランダの2部クラブからトップリーグのAZを経てプレミアリーグまで駆け上がってきたフィンセント・ヤンセン。 エールディビジで得点王に輝いた点取り屋も、スパーズでは怪我の影響もありゴールを奪えずに苦しんでいる。

【アンドレアス・クリステンセン】20歳にしてクラブでは守備の要を務めるセンターバック。

チェルシーからボルシアMGへローン移籍中のアンドレアス・クリステンセン。 大柄で強さがあり、パスさばきも冴えるデンマークの若手。

【ビクトル・リンデロフ】ビッグクラブへの移籍が難航。

早い段階からビッグクラブへの移籍話がでていたヴィクトル・リンデレフ。 なかでもマンチェスター・ユナイテッドへの移籍交渉が前向きに進んでいるようなニュースが流れていたが、ここまで来るとこの冬での移籍はなくなったみたいだ。

【ソフィアン・ブファル】モロッコのテクニシャンはプレミアリーグのフィジカルサッカーにどう対応するか。

イタリア勢も注目する中でサウサンプトンへの移籍が決まったソフィアーヌ・ブファル。 リール時代のようなゴール量産には至らず、少し苦戦している感じがする。

【マルティン・ウーデゴール】ノルウェーの神童がオランダで挽回を狙う。

期待されてレアル・マドリードに引き抜かれたものの、トップチームではプレーする機会さえられずに、カスティージャでプレーしていたマルティン・ウーデゴール。 トップチームでのプレー機会を求めてローン移籍したオランダのヘーレンフェーンで大きな飛躍を…

【ガブリエル・ジェズス】ブラジルの秘密兵器がついにベールを脱いだ。

ブラジルリーグが終了してマンチェスター・シティへ合流したガブリエル・ジェズス。 加入から数日と経たないうちにプレミアデビューがやってきた。

【マルコ・ピアツァ】絶対王者ユベントスのスーパーサブ。

クロアチア史上最高額の移籍金でディナモ・ザグレブからユベントスへ移籍したマルコ・ピャツァ。 負傷により離脱していた期間もあったが、大物ストライカーが並ぶユベントスでスーパーサブとして起用されている。

【アレン・ハリロヴィッチ】伸び悩む神童がスペインへ舞い戻る。

バルセロナからハンブルガーSVへ移籍していたアレン・ハリロヴィッチ。 ドイツでも継続した出場機会を得ることができず、今度はスペインのラス・パルマスへローン移籍することになった。

【レオン・ベイリー】ジャマイカ産のダイヤの原石。

若くしてヨーロッパにやってきたレオン・ベイリー。 スロバキアへの移籍を経てヘンクへ戻ると、18歳でプロデビューを果たしベルギー年間最優秀若手選手賞を受賞している逸材だ。

【トマ・レマル】ビッグクラブが注目しているカリブの新星。

SMカーンの下部組織出身で2015-2016シーズンからモナコでプレーしているトマ・レマールにビッグクラブが熱い眼差しを送っている。

【イニャキ・ウィリアムズ】アスレティック・ビルバオでプレーする黒人選手。

バスク出身選手に限るという縛りのあるアスレティック・ビルバオで、バスクで生まれ育った移民のことしてプレーしているイニャキ・ウィリアムス。 ビルバオのスピードスターにビッグクラブも注目している。

【ファビーニョ】大型サイドバックの市場価格上昇が止まらない。

ポルトガルからレアル・マドリードへの期限付き移籍を経てモナコで主力に定着し、コパ・アメリカのブラジル代表にまで選ばれたファビーニョ。 高身長で的確なポジショニングと、タイミングの良いオーバーラップが特徴的なサイドバックだったが、ボランチで起…

【グリゴリス・カスタノス】キプロスのメッシがペスカーラへローン移籍。

16歳でキプロスからユベントスのプリマベーラへ移ってきたグリゴリス・カスタノス。 左利きでテクニックにあふれるキプロスのメッシがペスカーラへ期限付き移籍することが決まった。

【マルロン・サントス】バルセロナがチアゴ・シウバ2世を買い取りへ。

ブラジルのフルミネンセからバルセロナへローン移籍中のマーロン・サントス。 ブラジルではチアゴ・シウバ2世と言われているらしい。

【アンドレ・シウヴァ】高額な移籍金が設定されたポルトガルの超新星。

ストライカー不毛の地のポルトガルに大型超新星が現れた。 現在21歳のアンドレ・シウバはFCポルトのBチームで実績を残すと、2015-2016シーズンにはトップチームに昇格してそのままスタメンに定着した逸材。 クラブでは今シーズンから10番を背負い、新たな複…

【ヴァンサン・コジエッロ】ビッグクラブの関心を集めるニースの若手。

ニースのユースからトップチームへと上がると、2015-2016シーズンには主力へと定着したヴァンサン・コジエロ。 U-21フランス代表のプレーメーカーをミランやアーセナルなどのビッグクラブが狙っているらしい。

【オリヴァー・バーク】スコットランドの19歳がNextベイルだと話題。

19歳でイングランド2部からドイツへ渡ったオリバー・バーク。 プレミアリーグの上位チームの関心をよそに、移籍先として選んだのはブンデスリーガに昇格したばかりのRBライプツィヒ。