【バートランド・トラオレ】リヨンがラカゼットの後釜を完全移籍で獲得。

チェルシーへ加入したものの多くのシーズンをローン移籍で過ごしたベルトラン・トラオレ。 新シーズンはイングランドへ戻ることなく完全移籍でフランスへ行くことが決定した。

【ルーベン・ロフタス=チーク】チェルシーが期待の星をレンタルで放出。

チェルシーのアカデミーからトップチームでプロデビューを果たしたルーベン・ロフタス=チーク。 2016年のトゥーロン国際大会ではMVPにも選ばれている逸材だが、毎シーズン大型補強を繰り返すチェルシーでは出場機会を増やせず、他の有望な若手選手と同様に…

【パトリック・クトローネ】数年後はACミランの黄金時代が訪れる。

ボヌッチやハカン・チャルハノールなど、積極的に補強を進めるACミラン。 チームの顔ぶれは大きく変わったが、一方でユースから上がってきた期待の大きい若手選手もいる。

【ロレンツォ・カレガリ】パリの若きゲームメイカーはトップチームでも活躍できる逸材だ。

パリ・サンジェルマンの下部組織からトップチームに合流しているロレンツォ・カレガリ。 フランスの年代別代表にも選ばれているゲームメイカーは、チアゴ・モッタを置き換えることができる逸材だ。

【ジオヴァニ・ロ・チェルソ】パリで輝くアルゼンチンのスター候補。

2017年の冬にフランスにやって来たジオヴァニ・ロ・チェルソ。 肉体改造で身体を大きくして迎える今シーズンは、リーグ・アンのブレイク候補といえる。

【オレクサンドル・ジンチェンコ】ウクライナの至宝は厳しいスタメン争いに生き残れるか。

オランダへのローン移籍からマンチェスター・シティへ戻ってきたオレクサンドル・ジンチェンコ。 インターナショナル・チャンピオンズ・カップでそのポテンシャルを試されている。

【ブラヒム・ディアス】グアルディオラはスペインのメッシを輝かせることができるか。

マラガの下部組織からマンチェスター・シティに引き抜かれたブラヒム・ディアス。 昨年プロデビューしたばかりだが、スペインのメッシと例えられる逸材だ。

【フィル・フォデン】プレシーズンマッチでインパクトを残した17歳。

UEFA U-17欧州選手権でイングランド代表の準優勝に貢献したフィル・フォデン。 プレシーズンでトップチームに合流しているイングランドの逸材がインターナショナル・チャンピオンズ・カップでインパクトを残した。

【ロビン・クアイソン】新シーズンのブレイク候補。

若くしてスウェーデンからイタリアへ渡り、2017年冬のマーケットでドイツへやってきたロビン・クアイソン。 移籍先のマインツでも出場機会を掴み、ブンデスリーガ残留に貢献している。

【カイルン・ハインズ】アーセナルの逸材がドイツへ脱出。

アーセナルのユース出身でイングランドの世代別代表で活躍しているカイルン・ハインズがドイツへ活躍の場を求めた。 ヴォルフスブルクではトップチームの登録となるようだ。

【マクシミリアン・フィリップ】万能アタッカーがドルトムントへ。

2017-2018シーズンからピーター・ボスを監督に据えるドルトムントが積極的に補強を進めている。 オーバメヤンの去就が不透明ななかで補強したのが若手万能アタッカーのマキシミリアン・フィリップ。

【ブルーマ】ライプツィヒが新鋭ウインガーを獲得。

優秀なウィンガーを続々と排出するスポルティング・リスボンの出身で、若くしてトルコへ渡ったブルーマ。 2016-2017シーズンにガラタサライで二桁ゴールを上げると、チャンピオンズリーグ出場権を得たライプツィヒへの移籍が決まった。

【ルベン・ネヴェス】ポルトガルのシャビ・アロンソ。

ポルトの下部組織出身で17歳でプロデビューを果たしたルベン・ネヴェス。 チャンピオンズリーグのグループステージでは18歳でキャプテンマークを巻いたポルトガルの逸材がイングランド2部への移籍が決まった。

【ダニ・セバージョス】U-21欧州選手権のMVPが移籍市場の注目株。

ベティスで10番を背負ったダニ・セバージョスの争奪戦が加熱している。 リーガ・エスパニョーラで30試合に出場すると、U-21欧州選手権ではスペイン代表の準優勝に貢献してMVPも獲得した。

【ロレンツォ・ペッレグリーニ】ローマがセントラルミッドフィールダーを買い戻す。

ローマの下部組織からトップチームに昇格し、買い戻しオプション付きでサッスオーロへ移籍していたロレンツォ・ペッレグリーニ。 サッスオーロでの活躍で他のビッグクラブが興味を示す中、古巣への復帰が決定した。

【ジョルディ・ガスパール】モナコが獲得したサイドバックが将来性バツグン。

リヴァプールやミランも獲得に関心を示していたリヨンのジョルディ・ガスパール。 他にもビッグクラブが引き抜きに動いていた中で、契約満了のタイミングで獲得したのは同じリーグ・アンのモナコだった。

【サンデル・ベルゲ】アーセナルの記事で一躍時の人に。

予想通りの失速でチャンピオンズリーグの出場権を得られなかったアーセナル。 出場機会を得られずにローン移籍する若手も多くいるが、今度はノルウェー代表の若手ボランチに食指を動かしているようだ。

【パトリック・シック】左利きのストライカーがユベントス加入。

欧州王者の座まで、あと一歩のところまで復活してきたユベントス。 イグアインやマンジュキッチといったストライカーが並ぶチームに、新たな大型ストライカーが加入した。

【エネス・ウナル】トルコのイブラヒモビッチがスペインへ。

18歳でトルコからマンチェスター・シティに引きぬかれたエネス・ウナル。 そのままベルギーそしてオランダへとローン移籍を繰り返し、ついにトゥエンテでブレイクを果たした。 しかし、レンタルバックでイングランドへ戻るのではなく、買い戻しオプション付…

【ニコライ・ヨルゲンセン】オランダでブレイクしたパワーストライカー。

19歳でのドイツ移籍は失敗に終わったが、コペンハーゲンで力を蓄えてオランダにやってきたニコライ・ヨルゲンセン。 蓋を開けてみると、21ゴールでエールディビジ得点王に輝き、フェイエノールトの優勝に貢献する活躍を見せた。

【ドミニク・ソランケ】チェルシー生え抜きのゴールハンターがライバルクラブへ。

チェルシーの下部組織から上がってきた生え抜きのドミニク・ソランケがリヴァプールへ移籍。 パワーがあり足元も上手い。 こんな有望な若手にも、ジエゴ・コスタの壁は厚かった。

【ジャン=ケビン・オーギュスタン】フランスのハイブリッド・ストライカー。

U-19欧州選手権でMVPと得点王に輝き、パリ・サンジェルマンではカバーニやディ・マリアといったスター選手と並んでプレーしているジャン・ケビン・オギュスタン。 今シーズンはモナコのキリアン・ムバッペが大ブレイクしたが、同世代のオーギュスタンもスタ…

【ケレチ・ヌワカリ】2015 U-17ワールドカップのMVPは新シーズンもローン移籍となるのか。

2015年のU-17ワールドカップでナイジェリア代表のキャプテンとして優勝に導き、MVPにも選ばれたケレチ・ヌワカリ。 多くのビッグクラブが獲得に興味を示しているなかアーセナルへの移籍を選び、その後MVVマーストリヒトへレンタル移籍していた。

【ロナルド・ペーニャ】体を張れるセンターフォワードに日本は苦戦する。

U-20ワールドカップのグループリーグを3連勝で勝ち抜いたベネズエラ。 メキシコやドイツを破った実力は間違いないが、特に日本の脅威となるのが最前線で体を張れるロナウド・ペーニャだ。

【本田 圭佑】名門の10番に別れを告げる。

リーグ最終戦で与えられた今シーズン初めての先発フル出場。 けが人が出たり退場者が出たりPKを、ACミランの低迷がこの試合でよくわかる。

【ガブリエル・スアソ】ユース代表からから抜擢されたチリ代表のスター候補。

19歳のガブリエル・スアソがコンフェデレーションズカップ2017に向けたチリ代表に選ばれた。

【イェルコ・レイバ】U-20から抜擢されたチリの新たなゲームメイカー。

コンフェデレーションズカップ2017に向けたチリ代表に、18歳のイェルコ・レイバが選ばれた。

【ベルナルド・シウバ】モナコの10番がマンチェスター・シティへ。

ハメス・ロドリゲスの抜けたモナコへ移籍したのが2014年。 それ以来モナコの中心選手として活躍してきたベルナルド・シウバがついにメガクラブに引きぬかれた。

【クリスティアン・バソゴグ】アフリカネーションズカップ2017のMVPに選ばれたカメルーンのメッシ。

世界的には無名のクリスティアン・バソゴグが大きな移籍金で中国に引きぬかれた。 アメリカの3部リーグを経てデンマークでプレーしていた21歳のアタッカーだ。

【レオン・ゴレツカ】ビッグクラブが獲得を狙うバラックの後継者。

フンメルスやエジルといったこれまでの常連選手がメンバーから外れ、若手選手が数多く選ばれたコンフェデレーションズカップ2017のドイツ代表。 その中でも大型センターハーフとして期待されるのがシャルケのレオン・ゴレツカだ。